【ベルタ葉酸サプリのまとめ】

効果を示唆する研究はあり

 

ベルタ葉酸サプリの公式ページはコチラ

 

現時点で予防方法はない

ダウン症は比較的発生件数の多い先天異常です。

 

確率的には1000人に1人くらいです。

 

原因は染色体異常ですが、その染色体異常がどういう場合になぜ起きるのはわかっていません。

 

予防方法は特になく、出生前検査で早めに危険性の大小を知ることができるだけです。

 

石田理子さんの件

「石田(東尾)理子さんは葉酸でダウン症を防いだんじゃないの?」という人もいると思います。

 

彼女は、出生前検査でダウン症の可能性の指摘を受けながら、出産を選択し、健康な赤ちゃんを産みました。

 

彼女は「美的ヌーボ」という葉酸サプリの広告塔であったため、葉酸はダウン症防止に効くという噂が広まりました。

 

しかし、医学界の見解では葉酸にそのような効果は認められていません。

 

つまり、彼女は幸運だっただけで、葉酸は関係ないということになります。

 

葉酸がダウン症に効くと書いている日本語サイトで、医師などの信頼に足る専門家が書いたものはないはずです。

 

医師が葉酸の効果を認めているのは無脳症、二分脊椎といった神経管閉鎖障害の方です。

 

同じ先天障害でもダウン症とはまったく別物です。

 

学術論文に見る効果の可能性

私が英語で「ダウン症 葉酸」と検索したのは、両者が無関係と最終確認するためでした。

 

信頼に値するようなサイトは出てこないと予想していたのです。

 

ところが、意外にもかなりの数の学術論文が出てきました。

 

「ダウン症 葉酸」と英語で検索してみたらわかります。

 

ダウン症=Down syndrome、葉酸=folic acid または folate。

 

下記は「down syndrome folic acid」の検索結果です。

 

検索結果キャプチャ

 

検索結果の各論文のタイトルの大意は次のとおり。

 

  • 葉酸の代謝異常がダウン症の重要原因らしい
  • ダウン症の重要要因としての葉酸代謝遺伝子の多型性について
  • 日本のダウン症の重要要因としての葉酸ホモシステイン代謝異常について
  • ダウン症児のホモシステイン代謝について

 

葉酸がダウン症予防に効くと結論しているようなものはないですが、両者に関係がありそうだと研究している人はたくさんいるのです。

 

これを見て「葉酸がダウン症防止に効く」は俗説!と切り捨てるのは早いと思うようになりました。

 

これだけ研究があるということは、将来はそういう結論になる可能性もあるわけです。

 

まず予防効果の確実な先天障害を押さえる

先天障害の種類はとてもたくさんありますが、その多くがこれといった予防法がありません。

 

そんな中で神経管閉鎖障害は例外です。

 

葉酸を飲むだけで、発生率を半分から1/3にまで下げられます。

 

症状は深刻で、発生率はダウン症よりは低いが、そんなに稀でもありません。

 

まず、これを押さえにかかるべきなのです。

 

そして神経管閉鎖障害の予防策を実行すれば、もしかしたらダウン症予防にもなっているかもしれないと考えましょう。

 

ベルタ葉酸サプリの公式ページはコチラ

基礎知識編: ダウン症とは?

そもそもダウン症とは何かよく知らない人のために1分でわかるレクチャーをします。

 

ダウン症とはどんな病気?

症状から先に説明しましょう。

 

容貌に特徴があり、吊り上がった目と低い鼻の幼い顔つきになり、大人になってもその特徴は残ります。

 

背が低いのも特徴で、多くの場合、知的障害を伴います。

 

発生率は約1000人に1人と多い方で、街中でも比較的よく見かけます。

 

ダウン症の原因は?

原因は染色体の異常。

 

染色体というのはDNAがぐるぐるに固まったものです。

 

DNAは遺伝子情報が書かれた細長い二重らせんの鎖状物質です。

 

新生児は父と母から1本ずつ染色体をもらい、2本でワンセットが正常です。

 

人間はそんな2本ワンセットの染色体を23セット持ちます。

 

その21番目のセットが何かの手違いで3本になっていることで起きるのがダウン症です。

 

3本染色体のことをトリソミーというので、ダウン症は21トリソミーとも呼ばれます。

 

ちなみに他のトリソミーで症例が多いのが13トリソミーと18トリソミーで、ダウン症以上に深刻な症状です。

 

さて、ママが「ダウン症の原因が知りたい」という時、求めている答えは「染色体異常」ではないでしょう?

 

「その染色体異常はなぜ起きるの?」ということだと思います。

 

トリソミーが起きる原因はわかっていません。

 

予防方法もありません。

 

結局、ダウン症は原因不明で予防法もなく、出生前検査ができるだけだということになります。

 

こんな中で葉酸との関係に注目して研究している方がたくさんいることを知ったのは、希望が持てる発見でした。

 

ダウン症の病名の由来

19世紀の英国の眼科医ジョン・ラングドン・ハイドン・ダウンが由来です。

 

つづりは「Down」ですが、アップダウンの「down」とは無関係です。

 

彼は「白痴の民族学的分類に関する考察」というで論文でこの症状の存在を世に知らしめました。

 

ちなみに彼は人種主義者で、人間は体内で進化して白人として生まれると考えていました。

 

ダウン症児はアジア人のような顔つきなので、劣ったアジア人の段階で進化が止まって生まれてくるのがダウン症だと考えたのです。